夏と秋と 行きかふ空の かよひぢは かたへ涼しき
風や吹くらむ
                  凡河内躬恒
            
(なつとあきと ゆきかうそらの かよいじは かたえ
 すずしき かぜやふくらん)

意味・・去る夏と、来る秋とがすれ違う空の通路では、
    片側は来る秋で涼しい風が吹いていることだ
    ろう。

    陰暦六月の末に詠んだ歌です。現在の8月8日
    の立秋の前日になります。

 注・・行きかふ=行くと来るのがすれ違う。
    かよひぢ=空の通路。
    かたへ=片方。片側。

作者・・凡河内躬恒=おおしこうちのみつね。生没年
    未詳。三十六歌仙の一人。平安時代前期の歌人。
 
出典・・古今和歌集・168。