5/1 瓜食めば子ども思ほふ栗食めばまして偲はゆ
                   山上憶良
5/2 世の中を何にたとえむ朝ぼらけ漕ぎ行く舟の跡の白波 
                       沙弥満誓
5/3 心あらむ人にみせばや津の国の難波あたりの春の景色を
                        能因法師
5/4 世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし
                        在平業平
5/5 妹として二人作りしわが山斎は小高く繁くなりにけるかも
                        大伴旅人
5/6 東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたわむる
                        石川啄木
5/7 淡海の海夕浪千鳥汝が鳴けば情もしのに古思ほゆ
                        柿本人麻呂
5/8 ほととぎす鳴きつる方を眺むればただ有明の月ぞ残れる
                        藤原実定
5/9 この世をばわが世とぞ思ふ望月のかけたることもなしと思へば
                        藤原道長
5/10 たれをかも知る人にせむ高砂の松も昔の友ならなくに
                        藤原興風 
5/11 さみだれの注ぐ山田に賎の女が裳裾ぬらして玉苗植うる
                        佐々木信綱 
5/11 離別(さら)れたる身を踏込(ふんご)んで田植えかな
                        与謝蕪村
5/12 都にはまだ青葉にて見しかども紅葉散り敷く白河の関
                        源頼政
5/13 秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる
                        藤原敏行
5/14 岩代の浜松が枝を引き結び真幸くあらばまた還り見む
                        有馬皇子
5/14 岩代の岸の松が枝結びけむ人は帰りてまた見けむかも
           長忌寸意吉麻呂(ながのいみきおおきまろ)
5/15 いろいろの事 思い出す さくらかな
                        松尾芭蕉
5/15 目に嬉し 君恋の扇 真白なる
                        与謝蕪村