5/16 いざ子ども早く大和へ大伴の御津の浜松待ち恋ひぬらむ
                        山上憶良
5/16 埋も木の花咲くこともなかりしにみのなるはてぞ悲しかりける
                        源頼政
5/18 名にし負はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと
                        在原業平
5/18 昨日こそ早苗とりしかいつの間に稲葉そよぎて秋風の吹く
                        読人知らず
5/19 這え笑え 二つになるぞ 今朝からは    小林一茶

5/19 露の世は 露の世ながら さりながら    小林一茶

5/20 見渡せば花も紅葉もなかりけり浦の苫屋の秋の夕暮れ
                        藤原定家
5/21 のぼるべきたよりなき身は木の本にしひを拾ひて世を渡るかな
                        源頼政
5/22 月見れば千々に物こそ悲しけれわが身ひとつの秋にあらねど
                        大江千里 
5/23 柿食えば 鐘が鳴るなり 法隆寺      正岡子規
5/23 花の雲 鐘は上野か 浅草か        松尾芭蕉
5/24 石ばしる垂水の上のさ蕨の萌え出づる春になりけるかも
                        志貴皇子
5/25 花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふる眺めし間に
                        小野小町
5/26 み吉野の山の秋風さ夜更けて古里寒く衣打つなり
                        藤原雅経
5/27 久方の光のどけき春の日に静心なく花の散るらむ
                        紀友則
5/28 筏士よ待て言問わむ水上はいかばかり吹く山の嵐ぞ
                        藤原資宗
5/29 吾妹子が見し鞆の浦の天木香(むろ)の木は常世にあれど見し人ぞなき 大伴旅人
5/30 蓮葉の濁りに染まぬ心もてなにかは露を玉にあざむく
                        僧正遍昭
5/31 われと来て 遊べや親の ない雀      小林一茶
5/31 麦秋や 子を負ひながら いはし売り    小林一茶
5/31 月花や 四十九年の むだ歩き       小林一茶