7/1 由良の門を渡る舟人梶を絶え行くへも知らぬ
    恋の道かな           曽爾好忠
7/2 玉の緒よ絶えねば絶えねながらえば忍ぶることの
    弱りもぞする          式子内親王
7/3 三井寺の門をたたかばやけふの月 芭蕉
7/4 露と落ち露と消えにしわが身かななにはのことも
    夢のまた夢           豊臣秀吉
7/5 寂しさをいかにせよと岡べなる楢の葉しだりに
    雪の降るらん          藤原国房
7/6 これやこの行くも帰るも別れては知るも知らぬも
    逢坂の関            蝉丸
7/7 五月雨や大河を前に家二件    蕪村
7/8 富士のねを木の間木の間にかへり見て松のかげふむ
    浮き島が原           香川景樹
7/9 もののふの八十少女らが汲みまがふ寺井の上の
    堅香子の花           大伴家持
7/10 帰らじとかねて思へば梓弓なき数に入る
    名をとどむる          楠木正行
7/11 灯ちらちら疱瘡小屋の吹雪かな  一茶
7/12 梓弓春立しより年月の射るがごとく
    思ほゆるかな         凡河内みつね
7/13 香具山の尾上にたちて見渡せば大和国原
    早苗とるなり         上田秋成
7/14 入門は凍てわらじ履き永平寺  倉橋羊村
7/15 相思わぬ人を思ふは大寺の餓鬼を後に
    額ずくがごと         笠女郎