10/1 殿原の 名古屋顔なる 鵜川かな       蕪村
10/2 花は根に 鳥は古巣に 帰るなり 春の泊まりを
   知る人ぞなき                宗徳院
10/3 あらたまの 年のをはりに なるごとに 雪もわが身も
   ふりまさりつつ               在原元方
10/4 陸奥に ありというなる 名取川 なき名とりては
   くるしかりける               壬生忠岑
10/5 日のあたる 夢をよく見る 氷室守      武玉川
10/6 刈れる田に おふるひつちの 穂にいでぬ 世をいまさらに
   あきはてぬとか               読み人知らず
10/7 灯の 影にて見ると 思ふ間に 文のうえ白く
   夜は明けにけり               香川景樹
10/8 春日野の 若紫の 摺り衣 しのぶの乱れ
   限り知られず                在原業平
10/9 雪車負うて 坂を上るや 小さい子      一茶
10/10 我こそは 新島守よ 隠岐の海の 荒き波風
   心して吹け                 後鳥羽院
10/11 幾山河 越えさり行かば 寂しさの はてなむ国ぞ
   今日も旅ゆく                若山牧水
10/12 忘れじな 難波の秋の 夜半の空 こと浦に住む
   月は見るとも              宣秋門院丹後
10/13 月花や 四十九年の むだ歩き        一茶
10/14 遠くなり 近くなるみの 浜千鳥 鳴く音にしほの
   満ち干をぞ知る               藤原為守
10/15 秋風に 山の木の葉の 移ろへば 人の心も
   いかがぞと思ふ               素性法師