あしびきの 黒坂山の 木の間より 漏りくる月の 影のさやけき
                      良寛(りょうかん)

(あしびきの くろさかやまの このまより もりくるつきの
 かげのさやけき)

意味・・黒坂山の麓に宿をとって空を眺めると、山の木々の
    間から漏れてくる月の光の何と明るく澄んで美しい
    ことだろう。

    詞書に「黒坂山の麓に宿りて」とあります。

 注・・あしびき=山の枕詞。
    黒坂=新潟県和島村黒坂。
    さやけき=さわやか、清く澄んでいる。