山守よ 斧のをと高く ひびく也 みねの紅葉は よきてきらせよ
               藤原師実(ふじわらものざね)

(やまもりよ おののおとたかく ひびくなり みねのもみじは
 よきてきらせよ)

意味・・山守よ斧の音が高く響いている。山の峰の
    紅葉は避けて手斧で切るようにさせよ。

    紅葉の美しさを間接的に詠んだ歌です。

 注・・山守=山を守る人。山の番人。
    よきて=「避きて」と「斧(よき)」を掛ける。