世にふるも 更に時雨の やどりかな  宗祇(そうぎ)

(よにふるも さらにしぐれの やどりかな)

意味・・時雨降る(信濃路で)一夜の雨宿りをするのは
    侘しい限りであるが、更に言えばこの人生
    そのものが時雨の過ぎるのを待つ雨宿りの
    ようではないか。
    
    冷たい雨が降ったり止んだりするように、
    人生も良かったり悪かったりするという無
    常観を詠んでいます。

    本歌は二条院讃岐の、

 「世に経るは苦しきものを槙の屋にやすくも過ぐる
  初時雨かな」(名歌観賞・583)です。

 注・・ふる=「降る」と「経る」を掛ける。
    さらに=さらに言えば。
    時雨=初冬のにわか雨。人生の無常や冬の
       始まりの侘しさを感じさせる。