霞立つ 永き春日を 子供らと 手毬つきつつ
この日暮らしつ        良寛(りょうかん)

(かすみたつ ながきはるひを こどもらと てまり
 つきつつ このひくらしつ)

意味・・長くなった春の日を、子供らと手毬を
    つきながら、この一日を遊び暮らした
    ことだ。   
   
    暖かい春がやって来たので、托鉢に回
    ろうと思って村里に出かけて行くと、
    村里の子供たちが、道の辻で手毬をつ
    いている。その中に私も仲間入りをし
    て、一二三四五六七と毬をつく。子供
    が毬をつくと、私は手毬歌を歌い、私
    が歌うと子供が毬をつき、ついて歌っ
    て、長い春の日を過ごしたことだ。

    この長歌の反歌です。

作者・・良寛=1758~1831。新潟県
      出雲町に左門泰雄の長子として
      生まれる。幼名は栄蔵。