天の川 苗代水に せきくだせ あま下ります
神ならば神         能因法師(のういんほうし)

(あまのがわ なわしろみずに せきくだせ あまくだり
 ます かみならばかみ)

意味・・天の川から苗代水を堰(せ)いて地に落として
    下さい。天から降臨して、雨も降らせもする
    神様ならば、その神よ。

    伊予の国(愛媛県)で、正月から四月まで雨が
    降らず苗代も出来ないので、歌を詠み雨が降
    ることを祈ったものです。   

 注・・あま下り=「天下り」で天から降臨する意に
      「雨降(くだ)り」の意を掛ける。

作者・・能因法師=988~1050。俗名橘永愷(ながやす)。
      中古36歌仙。著書「能因歌枕」など。