夕立の にごりにしむは いやいやと 蓮はかぶりを
ふる池の中     山手白人(やまのてのしろひと)

(ゆうだちの にごりにしむは いやいやと はすは
 かぶりを ふるいけのなか)

詞書・・蓮池の夕立。

意味・・濁りに染(し)まぬ蓮の葉と古歌にも詠まれて
    いるが、なるほど、夕立の通り過ぎたあとの
    古池には、濁り水に染むのをいやだいやだと
    いうように、蓮の葉が風に吹かれて頭をふっ
    ている。

    夕立が降ったあと、風が吹き蓮の葉をゆらし
    ている涼しい風景描写となっています。

    古歌は「蓮葉の濁りに染まぬ心もて何かは露
    を玉とあざむく」(意味は下記参照)

 注・・ふる=「振る」と「古」を掛ける。

作者・・山手白人=1737~1787。本名は布施弥次郎。
      幕府の評定所留役。

古歌の意味

蓮葉の 濁りに染まぬ 心もて なにかは露を 
玉とあざむく         僧正遍昭

(はちすばの にごりにしまぬ こころもて なにかは
 つゆを たまとあざむく)

意味・・蓮の葉は泥水のなかに生えながら濁りに染ま
    らない清らかな心を持っているのに、その心
    でどうして葉の上に置く露を玉と見せて人を
    だますのか。

    上句は法華経の経文(世間の法に染まらざること
    蓮華の水にあるがごとし)による。
    露を玉とみる典型的な見立ての伝統を踏まえ、
    清浄の象徴である蓮が欺く、と意表をついた表
    現が趣向。