心にも あらで憂き世に ながらへば 恋しかるべき
夜 半の月かな       
          三条院(さんじょういん)
        (後拾遺和歌集・860、百人一首・68)

(こころにも あらでうきよに ながらえば こいし
 かるべき よわのつきかな)

詞書・・病気になって帝位を去ろうと思っている
    時分、明るい月を見て詠んだ歌。

意味・・心ならずも、この辛い世の中に生き長ら
    えていたならば、今、この宮中で眺める
    夜半の月も、恋しく思い出されるに違い
    ないだろうなあ。

    病気などの理由で、不本意ながらに退職
    する時の気持ちであり、退職して収入の
    ない将来の絶望的立場より今の時点を振
    り返って見ると、病気をしてでも仕事を
    している今が、不遇でも恋しくなるだろ
    うなあ、という気持ちを詠んでいます。

 注・・心にもあらで=自分の本意ではなく。早
      く死んだほうがましだという気持ち。
    憂き世=生きるのにつらい世。
    ながらへば=生きながらているならば。

作者・・三条院=976~1017。三条天皇は眼病に
      苦しみ、藤原道長に退位を画策され
      帝位を去る。