いづこにか 身をばよせまし 世の中に 老をいとはぬ
人しなければ     藤原為頼(ふじわらのためより)

(いずこにか みをばよせまし よのなかに おいを
 いとわぬ ひとしなければ)

意味・・一体私はどこへ身を寄せたらいいので
    あろうか。世の中に老人をいやがらな
    い人はないから。

 注・・いとはぬ=厭はぬ。いやだと思わない。
    し=上接する語を強調する副詞。

作者・・藤原為頼=生没年未詳、998年頃没。紫
      式部の伯父。