角力老いて やどもつ京の 月夜かな
          大伴大江丸(おおともおおえまる)

(すもうおいて やどもつきょうの つきよかな)

意味・・地方から上京して、かっては土俵上で
    はなばなしく活躍したこともあったが、
    今は年老いて引退し、京都の町裏でひ
    っそりと余生を送っている関取。ささ
    やかながら一戸を構え、妻女とともに、
    人目のつかないひっそりとした日々を
    送っている。人の世の栄枯をよそに秋
    の月は無心に照っている。

作者・・大伴大江丸=1722~1805。蕪村との交流
      を持つ。