奈呉の海に 舟しまし貸せ 沖に出でて 波立ち来やと
見て帰り来む     田辺福麻呂(たなべのふくまろ)

(なごのうみに ふねしましかせ おきにいでて なみ
 たちくやと みてかえりこん)

意味・・誰かあの奈呉の海に乗り出す舟を、ほんの
    しばらくでよいから貸して下さいませんか。
    沖まで出て行って、もしや波が立ち寄せて
    くるかと見て来たいものです。

    福麻呂が使者として、越中(富山県)にいる
    大伴家持の家に訪ねた時に挨拶の歌として
    詠んだものです。
    海のない山国の奈良から来た人なので、海
    に対する好奇心を示しています。

 注・・奈呉の海=富山県高岡市から新湊市にかけ
     ての海。
    しまし=暫し。しばし。

作者・・田辺福麻呂=生没未詳。741年頃活躍した
     宮廷歌人。