塩之入の 坂は名のみに なりにけり 行く人しぬべ
よろづ世までに         良寛(りょうかん)

(しおのりの さかはなのみに なりにけり ゆくひと
 しぬべ よろづよまで)

意味・・塩之入峠が険しいというのは、うわさだけに
    なったものだ。その坂道を行く人は、通りや
    すく作り直してくれた方のことを、いつまで
    も有難く思い顧みなさい。

 注・・塩之入(しおのり)の坂=新潟県与板町と和島
     村の境にある峠。「親知らず」を思わせる
     険しい坂であった。
    しぬべ=偲べ。「しのべ」と同じ。思いしたう。

作者・・良寛=1758~1831。