真菅生ふる 山田に水を まかすれば うれし顔にも
鳴くかはづかな         西行(さいぎょう)

(ますげおうる やまだにみずを まかすれば うれし
 かおにも なくかわずかな)

意味・・菅の生えている山田に水を引くと、いかにも
    嬉しそうにかわずが鳴くことだ。

 注・・真菅(ますげ)=「真」は美称。「菅」は水辺
     に生える草。
    まかすれば=「まかす」は水を引くこと。
    かはづ=蛙。

作者・・西行=1118~1190。佐藤義清。23歳で出家。

出典・・山家集・167。