思ひきや 鄙の別れに 衰へて 海人の縄たき 
漁りせむとは     小野篁(おののたかむら)

(おもいきや ひなのわかれに おとろえて あまの
 なわたき いさりせんとは)

詞書・・隠岐(おき)の国に流されていた時に詠んだ歌。

意味・・考えてもみなかったことだ。親しい人たちと
    別れて遠い田舎で心身ともに弱り果てたあげ
    く、漁師の使う網を引っ張って、魚を取ろう
    とは。

 注・・海人の縄たき=漁師が用いる網の縄や釣り縄
     をたぐって。「たき」は長く延びたものを
     あやつること。
    隠岐国=島根県隠岐島。
    流される=流罪になること。遣唐使として唐
     に行かなかったため。

作者・・小野篁=802~852。834年遣唐福使として任ぜ
     られたが進発しなかったので隠岐国に流罪、
     7年後に召還。参議・従三位。

出典・・古今和歌集・961。