静けくも 岸には波は 寄せけるか これの屋通し
聞きつつ居れば       読人知らず・万葉集1237

(しずけくも きしにはなみは よせけるか これのや
 とおし ききつつおれば)

意味・・今日はなんと静かに波が岸にうち寄せている
    のだろう。この旅宿の壁越しにじっと耳を澄
    まして聞いていると。

 注・・これの屋=この家屋の意。この部屋。