何をして 身のいたづらに 老いぬらん 年の思はむ
こともやさしく            読人知らず
                  (古今集・1063)
(なにをして みのいたずらに おいぬらん としの
 おもわん こともやさしく)

意味・・いったい何をして、我が身がただもうこのように
    年老いてしまっているのだろう。長い付き合いを
    した「年」よ、お前もどう思っていることかと思
    うと、私は恥ずかしい。

 注・・いたづらに=無用の状態に、むだに。
    やさし=恥ずかしい。