風ふけば 川辺すずしく よる波の たちかへるべき
心ちこそせね     藤原家経(ふじわらのいえつね)
               (詞花和歌集・75)
(かぜふけば かわべすずしく よるなみの たち
 かえるべき ここちこそせね)

意味・・風が吹くと川辺は涼しく波が寄せては返し、
    立って帰ろうという気が起こらない。

作者・・藤原家経=~1058。67歳。文章博士、式部
     大輔、正四位下。