ながめこし 花より雪の ひととせも けふにはつ瀬の
いりあひの鐘
             頓阿法師(とんあほうし)
              (頓阿法師詠・233)

(ながめこし はなよりゆきの ひととせも けふに
 はつせの いりあいのかね)

意味・・春の花から冬の雪まで、ずっと眺めてきた
    この一年も、今日で終わったと初瀬の入相
    の鐘が響いている。

 注・・初瀬=奈良県桜井市初瀬。長谷寺がある。
    入相=夕暮れ。

作者・・頓阿法師=1289~1372。俗名は二階堂貞宗。
     和歌の四天王。