昔見し 妹がかきねは 荒れにけり つばなまじりの
菫のみして
             吉田兼好(よしだけんこう)
             (徒然草・26)

(むかしみし いもがかきねは あれにけり つばな
 まじりの すみれのみして)

意味・・以前の愛人の門に来て見たが垣根の面目は
    一変し、荒涼として茅花の茂る間に可憐な
    菫の花が少しばかり見えているばかりであ
    った。あの人の心のうちは、いま果たして
    どんなであろうか。

    哀れをさそう風情を詠んでいます。

    徒然草26段です。
    風に吹かれるまでもなく変りうつろうのが
    人の心であるから、親睦した当時を思い出
    してみると、身に沁みて聞いた一言一句も
    忘れもせぬのに、自分の生活にかかわりも
    ない人のようになってしまう恋の一般性を
    考えると、死別にもまさる悲しみである。
    それゆえ、白い糸が染められるのを見て悲
    しみ、道の小路が分かれるのを嘆く人もあ
    っのではあろう。

 注・・つばな=茅花。ちがやの花、ちがや。

作者・・吉田兼好=1283頃の生まれ。70歳。和歌四
     天王。「徒然草」。