(4月29日)

ほとどぎす 空に声して 卯の花の 垣根も白く
月ぞ出でぬる
          永福門院(えいふくもんいん)
          (玉葉集・319)

(ほとどぎす そらにこえして うのはなの かきねも
 しろく つきぞいでぬる)

意味・・ほとどぎすが空で一声鳴いて過ぎ、地上には
    卯の花が垣根に白く咲きこぼれている。折し
    も垣根の向こう、中空を見ると、月がちょう
    ど出てきた所である。

    この歌を基にして佐々木信綱は「夏は来ぬ」
    の唱歌を作っています。

    卯の花の匂う垣根に 時鳥早やも来鳴きて
    忍び音もらす 夏は来ぬ

作者・・永福門院=1271~1342。京極派の代表歌人。


(4月28日)

田や沼や よごれた御世を 改めて 清く澄ませよ
白河の水

(たやぬまや よごれたみよを あらためて きよく
 すませよ しらかわのみず)

意味・・今の政治は田や沼のように汚れてしまった。
    奥州白河藩主の定信さんよ、あなたが早く
    田沼を追放して汚れた政治を白河のように
    清く澄まして欲しい。

    田沼意次(おきつぐ)は士農工商を廃止して
    重商主義をとった。その結果商人の賄賂が
    はびこる世になった。松平定信は当時白河
    藩主であった。