恋しとは 誰が名づけけむ 言ならむ 死ぬとぞただに
いふべかりける
           清原深養父(きよはらのふかやぶ)
           (古今和歌集・698)

(こいしとは たがなづけけん ことならん しぬとぞ
 ただに いふべかりける)

意味・・愛(いと)しい人を慕うことを「恋しい」とは、誰が
    名づけた言葉なのであろうか。ずばり「死ぬ」と言
    えばいいのだ。

 注・・言ならぬ=言葉なのであろうか。
    ただに=ただちに、直接に。

作者・・清原深養父=930年頃活躍した人。清少納言の曾祖父。