盃やなるとの入日渦桜
                 西鶴(さいかく)
                 (西鶴全句集・44)

(さかずきや なるとのいりひ うずざくら)

意味・・目の前に置かれた盃、珠塗りのかなり大きい盃で、
    内側に珍しい図柄の蒔絵が施してある。鳴門の海の
    入り日に名物の渦潮、それに鞍馬山の渦桜まで描き
    添えてある。下戸の自分でもこれには見とれてしま
    う。

 注・・渦桜=雲珠(うず)桜、鞍馬山の八重桜のこと。

作者・・西鶴=1642~1693。西山宗因に入門。談林派。
    「浮世草子」。