下下も下下 下下の下国の 涼しさよ
                     一茶(いっさ)

(げげもげげ げげのげこくの すずしさよ)

前書・・奥信濃に湯浴みして。

意味・・雲の上の上人さまにはおわかりになりますまいが、
    ここは信濃も奥の奥、雲の下のその下の、雪と貧
    乏の国でございます。それでもまあ、こうして湯
    につかっていると涼しいもんです。住めば都です。

 注・・下下=きわめて程度の低いこと、最下等、下の下。

作者・・小林一茶=1763~1827。北信濃(長野県)の農民の子。
     3歳で生母に死別。継母と不和のため15歳で江戸に
     出て奉公生活に辛酸をなめた。