よそになど 仏の道を たづぬらん わが心こそ
しるべなりけれ
           藤原忠通(ふじわらのただみち)
           (詞花和歌集・413)
(よそになど ほとけのみちを たづぬらん わが
 こころこそ しるべなりけれ)

意味・・どうして他所に仏の道を探し求めたのだろうか。
    我が心こそが仏道の案内者だったのだ。

 注・・しるべ=導。手引き、道案内。

作者・・藤原忠通=1097~1164.太政大臣・従一位。