こころみに ほかの月をも みてしがな わが宿からの
あはれなるかと
             花山院(かざんいん)
             (詞歌和歌集・300)
(こころみに ほかのつきをも みてしがな わがやど
 からの あわれなるかと)

意味・・ためしに他所の月を見てみたいものだ。見る
    場所がこの家ゆえの素晴らしさなのかどうかと。

 注・・あはれ=しみじみと心を打つさま、すてきだ。

作者・・花山院=968~1008。65代天皇。退位後出家。