鏡だに 捨つればくもる ことわりや おもひてみがけ
おのが心を
            田安宗武(たやすむねたけ)
            (悠然院様御詠草)
            (ゆうぜんいんさまごえいそう)
(かがみだに すつればくもる ことわりや おもいて
 みがけ おのがこころを)

意味・・鏡さえも打ち捨てて手入れをしないと曇るのが
    道理である。念を入れて磨きなさいよ、自分の
    心を。

 注・・ことわり=理。条理、道理。

作者・・田安宗武=1715~1771。八代将軍徳川吉宗の次男。
     従三位権中納言。