いづこにも 月はわかじを いかなれば さやけかるらん
更級の里
             隆源法師(りゅうげんほうし)
             (千載和歌集・277)
(いずこにも つきはわかじを いかなれば さやけ
 かるらん さらしなのさと)

意味・・どこに出る月であっても区別はなかろうに。
    一体どうしてさやかなのだろうか、更級の
    里では。

 注・・わかじ=分がじ。分けない。区別をしない。
    更級の里=長野県更級郡。月の名所。

隆源法師=生没年未詳。「堀河百首」の作者。