あけぬるか 河瀬の霧の たえだえに をちかた人の
袖の見ゆるは
            大納言経信母(だいなごんつねのぶのはは)
            (後拾遺和歌集・324)
(あけぬるか かわせのきりの たえだえに おちかた
 ひとの そでのみゆるは)

意味・・夜が明けてしまったのであろうか。川の浅瀬に
    たちこめていた朝霧がとぎれとぎれの中に、向
    こうの方にいる人の袖が見えるのは。

 注・・をちかた人の=遠方人の。向こうの方にいる人。

作者・・大納言経信母=生没年未詳。播磨守従四位下・
     源国盛の娘。源経信(1016~1097)の母。