古の しづのおだまき 繰りかへし 昔を今に 
なすよしもがな
              読み人しらず
              (伊勢物語・32段)
(いにしえの しずのおだまき くりかえし むかしを
 いまに なすよしもがな)

意味・・昔の倭文織(しずおり)の糸を巻くおだまきを
    繰(く)るように、再び繰り返して、昔の二人の
    仲を今に繰り返す方法はないものかなあ。
    
 注・・しづ=倭文。古代の織物の一種。
    おだまき=苧環。しづを織る糸を中空にして丸く
      巻いた機物。
    よし=方法、手段。