さびしさに 宿を立ち出でて ながむれば いづくも同じ
秋の夕暮れ        
          良暹法師(りょうぜんほうし)
          (後拾遺和歌集・333、百人一首・70)

(さびしさに やどをたちいでて ながむれば いずくも
 おなじ あきのゆうぐれ)

意味・・堪えかねる寂しさによって、住まいを出て
    あたりをしみじみと眺めて見ると、慰める
    物もなく、どこもかしこもやはり同じよう
    にわびしい、秋の夕暮れであるよ。

    人気のない山里の草庵をつつむ寂寥(せきり
    ょう)の世界が描かれ、求める相手もいない
    寂しさを詠んでいます。

作者・・良暹法師=生没年未詳。1048頃の人。雲林
      院の歌僧。