霜枯れは そことも見えぬ 草の原 誰にとはまし
秋の名残りを
           藤原俊成・娘
           (ふじわらのとしなりのむすめ)
           (新古今和歌集・617)
(しもがれは そこともみえぬ くさのはら たれに
 とわましきのなごりを)

意味・・霜枯れた様子は、そこが美しかった秋草の
    野原とも見えない。秋の名残りをいったい
    誰に尋ねたらよいのだろうか。

    霜枯れ果てて秋景色の名残りもとどめてい
    ない寂しさを詠んでいます。 

 注・・霜枯れは=霜枯れとなった今は。
    そことも見えぬ=秋の名残りがどこにある
     とも分からない。
    秋の名残り=残っている秋の景色。

作者・・藤原俊成娘=1171~1252。後鳥羽院の女房
     (女官のこと)。