我が宿の 花見がてらに 来る人は 散りなむ後ぞ
恋しかるべき
           凡河内躬恒(おおしこうちのみつね)
           (古今和歌集・67)
(わがやどの はなみがてらに くるひとは ちりなん
 のちぞ こいしかるべき)

意味・・我が家の庭の桜を花見がてらに訪れて来てくれた
    人は、花が散った後はもう来てはくれないだろう
    から、私はあなたを恋しく思うことでしょう。

    花見というきっかけで会うことが出来たのだが、
    次に会うべききっかけがない寂しさを詠んでいます。

作者・・凡河内躬恒=生没年未詳。921年淡路権掾(あわじ
     ごんのじよう)。古今和歌集の撰者。