観覧車 回れよ回れ 想い出は 君には一日 
我には一生
              栗木京子 (水惑星)

(かんらんしゃ まわれよまわれ おもいでは きみには
 ひとひ われにはひとよ)

意味・・楽しい思い出が巡るように、観覧車よ回れ回れ。
    その想い出は、相手にとっては、たかが一日。
    遊園地に出かけて観覧車に乗った、それだけの
    事かも知れない。しかし、私には一生なのだ。
    この一日の事は、大切な思い出として、一生忘
    れないだろう。

作者・・栗木京子=くりききょうこ。1954~。京都大学
     理学部卒。「水惑星」。