何ごとも 時ぞと念ひ わきまへて みれど心に
かかる世の中
           橘曙覧 (橘曙覧歌集・380)

(なにごとも ときぞとおもい わきまえて みれど
 こころに かかるよのなか)

意味・・何事も時が解決してくれると、そのようにわき
    まえてはいるものの、やはり心配な世の中だ。

 注・・心にかかる世の中=この歌では、明治維新の前
     夜というべき時期で、攘夷と開港の問題をめ
     ぐって、国論が騒然としていた世相。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。明治元年
     は1868年。