おなじ地に おなじ木ならび 今日もまた おなじ葉と葉と 
あひ触れて鳴る
                   尾上柴舟 (永日)

(おなじちに おなじきならび きょうもまた おなじ
 はとはと あいふれてなる)

意味・・同じ所に、いつもの同じ木が立ちならんで、今日も
    また、同じ葉と葉があいも変わらず触れ合って音を
    立てている。

    自分はこつこつ努力をしているのに、目の前にある
    木の葉がいつも同じように見える様に、あいも変わら
    ず進歩がなく、目に見えた成果があがらない。
    だが、木の葉も春には新緑に萌え、秋には紅葉する。
    半年過ぎ、一年過ぎて振り返って見ると、今の努力
    は少しは成果として見えてくるだろう。
    
    参考です。

    青山、元不動 白雲自ら去来す
 
    せいざん、もとふどう はくうんみずからきょらいす

    青々とした山は不動のものだが、時の流れとともに
    その姿を変え、しみじみとした味わいが増す。
    (白い雲がかかることによって、山のありようは変わる)

 注・・おなじ地に=以下「おなじ」を三つ重ねて、あいも
     変わらないという意を強め、倦怠感を出している。

作者・・尾上柴舟=おのえさいしゅう。1876~1957。東大国
     文科卒。文学博士。「永日」。