ほととぎす 自由自在に 聞く里は 酒屋に三里
豆腐屋に二里
            頭光 (続々鳩翁道話)

(ほととぎす じゆうじざいに きくさとは さかやに
 さんり とうふやににり)

意味・・ほととぎすの声が聞こえるような趣のある山里
    に住むと、酒が飲みたい時は三里行かねば酒屋
    はないし、豆腐屋にも二里も離れている。
    あれもこれも揃わないものだ。

作者・・頭光=つむのひかり。1754~1796。狂歌師の
     蜀山人(しょくさんじん)の愛弟子。