この世界の いづくを行かば 逢ふことか ただひとりなる
人を見んとす
              神尾光子 (新万葉集・巻二)

(このせかいの いずくをゆかば あうことか ただひとり
 なる ひとをみんとす)

意味・・この世界のどこへ行ったら逢えるのであろうか・・。
    私にとってただ一人なる人を見んとして、今日も私の
    心はあてどもなくさまよい歩いている・・。

    いつかは結婚をするのではあるが、その相手はどこに
    いるのだろうか、早く逢いたいものだ。

    恋に憧れる清純な乙女心と、不安と焦燥とをこの歌に
    感じられます。

作者・・神尾光子=詳細未詳。