昨日といひ 今日と暮らして あすか川 流れてはやき
月日なりけり      
            春道列樹(古今和歌集・341) 

(きのうといい きょうとくらして あすかがわ ながれて
 はやき つきひなりけり)

詞書・・年末に詠んだ歌。

意味・・昨日といっては暮らし、今日といっては暮らして、
    また明日になる。飛鳥川の流れのように早い月日
    の流れであったことだ。

    「あすか川」は流れが早く、流路の定まらない
    飛鳥川のこと。「明日」を掛けている。歳末に
    一年を振り返っての感慨を詠んでいます。

 作者・・春道列樹=はるみちのつらき。生没年未詳。
      910年に文章博士になる。壱岐守。