のどかにも やがてなり行く けしきかな 昨日の日影
今日の春雨
              伏見院 (玉葉和歌集・18)

(のどかにも やがてなりゆく けしきかな きのうの
 ひかげ きょうのはるさめ)

意味・・早くものどかになって行く様子だなあ。昨日の
    うららかな日差し、今日のこの静かに降る春雨。

 注・・のどかにも=のんびりした陽気、気分。
     やがて=ただちに、すぐさま。
     日影=日光、日差し。

作者・・伏見院=ふしみいん。1265~1317。弟92代天皇。
     鎌倉期の歌人。「玉葉和歌集」を撰集させる。