かれ果てむ 後をば知らで 夏草の 深くも人の
思ほゆるかな
             凡河内躬恒 (古今集・686)

(かれはてん のちをばしらで なつくさの ふかくも
ひとの おもおゆるかな)

意味・・枯れ果ててしまう先の事など知らずに、夏草が
    深く茂るように、心が冷えて離れてしまうかも
    知れない先の事など考えないで、深くあの人が
    恋い慕われる事だ。

 注・・かれ=「枯れ」と「離れ」を掛ける。

作者・・凡河内躬恒=おおしこうちのみつね。生没年
     未詳。平安時代の前期の人。「古今集」撰者
     の一人。