親もなし 妻なし子なし 版木なし 金もなけれど
死にたくもなし
            林 子平

(おやもなし つまなしこなし はんぎなし かねも
 なけれど しにたくもなし)

意味・・私はもう高齢なので両親もいない。結婚もし
    ていないので妻も子もいない。版木も没収さ
    れて無いので収入が入らず金も無い。でも、
    大きな夢があるので死にたくはない。

    子平は高山彦九朗・蒲生君平と並んで「寛政
    の三奇人」と呼ばれながら蘭学者と交際した。
    国の将来を書いた本「三国通覧図説」「海国
    兵談」を著す。これは、16巻三分冊の版木を
    自分で彫ったもの。この二著は政府に意見を
    したかどで、政府の言論統制にひっかかり、
    版木が没収された。このため抗議の意味あい
    でこの歌を詠んでいます。

 注・・版木=木版に絵や文字を彫り木版印刷に使う。

作者・・林子平=はやししへい。1738~1793。経世家。
     仙台藩士。表記の歌に「なし」が六つある
     ので六無斎と号した。

出典・・赤瀬川原平著「辞世の言葉」。