あさなあさな 霜おく山の をかべなる かり田のおもに
かるるいなくさ
                   二条為忠

(あさなあさな しもおくやまの おかべなる かりたの
 おもに かるるいなくさ)

意味・・毎朝毎朝、霜が降っている山の岡のほとりにある、
    刈り田の跡の田の面にはすっかり枯れた稲の茎が
    見える。

    初冬の田園風景を詠んでいます。

 注・・いなくさ=稲草。水田の雑草。ここでは稲を刈っ
     た後に芽を出した茎。

作者・・二条為忠=にじょうためただ。?~1373。従二位
     中納言。南北朝期の歌人。    

出典・・新葉和歌集・442。