巨勢山の つらつら椿 つらつらに 見つつ思はな
巨勢の春野は
                 坂門人足

(こせやまの つらつらつばき つらつらに みつつ
 おもわな こせのはるのは)

意味・・巨勢山に行ってみれば、連なりあふれ咲いて
    いる椿は、いま、葉が照り輝いているだけで、
    花は咲いていない。でも、椿の樹をつくづく
    と見て、巨勢の春の野に花咲く椿を偲びまし
    よう。

    椿が咲く前の姿を見て詠んだ歌です。参考歌
    は椿が満開に咲いた時の春日老の歌です。

    川のへの つらつら椿 つらつらに 見れど
    飽かず 巨勢の春野は   (万葉集・56)

 
   (川のほとりに満開となって咲く椿の花は、念入
    りにじっくり見ても飽きはしない。巨勢の春の
    野の 景色は)

 注・・つらつら椿=連ら連ら椿。連なっている椿。沢  
     山の椿の花が満開になった状態。
    つらつらに見れど=熟に見れど。つくづく見る。
     念を入れて見る。
    巨勢(こせ)=奈良県御所(ごせ)市古瀬の地。大和
     と紀伊とを結ぶ交通の要所であった。

作者・・坂門人足=さかとのひとたり。伝未詳。

出典・・万葉集・54。