地に我が影 空に愁ひの 雲のかげ 鳩よ何処の
夕日と往ぬる
                  山川登美子

(ちにわがかげ そらにうれいの くものかげ はとよ
 いずこの ゆうひといぬる)

意味・・地にあるものは、憂いに沈む我が影である。空に
    たなびいて見えるものは、われとひとしき憂いに
    充ちた雲の影である。かの空へ鳩は飛んで行った。
    あの鳩よ。この愁いの夕暮れに去って、何処に赴
    かんとするのか。

    亡夫に繋(つな)がる挽歌である。登美子は23歳で
    結婚して間もなく夫は病気を患う。そして2年後
    に夫に先立たれてしまった。この頃詠んだ歌です。
    これから先、どうしたらよいのだろうか。鳩にも
    飛び去られた今、愁いがつのる一方の気持ちを詠
    んでいます。

作者・・山川登美子=やまかわとみこ。1879~1909。30歳。
    大阪・梅花女学校卒。与謝野鉄幹、与謝野晶子ら
    と「明星」で活躍。

出典・・竹西寛子著「山川登美子」。