わが宿の 桜はかいも なかりけり あるじからこそ
人も見にくれ
                 和泉式部

(わがやどの さくらはかいも なかりけり あるじ
 からこそ ひともみにくれ)

意味・・私の住まいの桜は美しく咲いても、何の咲き
    甲斐もないことです。家主の人柄によって人
    も見に来るのですから。

 注・・あるじからこそ人も見にくれ=何の魅力もな
     い私のこと、家主の人柄によって人も訪ね
     て来るのですから。

作者・・和泉式部=いずみしきぶ。生没年未詳。977
     年ころの生まれ。「和泉式部日記」。

出典・・後拾遺和歌集・102。