綿入りの 縫い目に頭 さし入れて ちぢむ虱よ
わが思ふどち
                 橘曙覧

(わたいりの ぬいめにかしら さしいれて ちぢむ
 しらみよ わがおもうどち)

意味・・綿入れの着物の縫い目に頭をさしこんで縮まっ
    ている虱よ、私の親愛な仲間だ。

    冬になると貧乏であまり着替えもなく綿入れを
    着たきりでいるために、虱がわくのだが、虱は
    きらわれ者であることを自分で知っていて、小
    さくちぢこまっている。自分も家業を捨て貧し
    い生活をしてちぢこまっている身だから、お前
    は親しい仲間だ、と虱をあわれんだ歌です。

注・・どち=親しい人、仲間。

作者・・橘曙覧=たちばなあけみ。1812~1868。紙商
    の長男。早く父母に死別。家業を異母弟に譲り
    隠棲。福井藩主から厚遇された。

出典・・橘曙覧全歌集・94。